自説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

中国の未来を想像する

中国の成長は著しい。毎年8%成長し、世界経済をけん引しているし、経済規模は日本を抜いて国内総生産世界第2位になるらしいね。でも、1人当たりのGDPは日本は中国の10倍らしい。つまり日本人一人ひとりは中国人の10倍豊かだと、単純には言うことができる。これは中国にとっての「のびしろ」であり、中国の経済規模は今後10倍になる可能性があるわけだ。そうなったら、日本の世界に対する影響力はどうなるんだろうか・・・。

ここで今後の中国と日本を考えてみる。中国人の1人当たりのGDPを1とすると、日本人は10となる。中国は毎年8%の経済成長をつづけたら、何年(X年)で1人あたりのGDPが今の日本と同じ水準になるのかを計算する。
方程式 1×1.08^X =10
だから X =log_1.08 10 ≒30
日本が今後0%成長をつづけたら、30年で中国人は日本人と同じ豊かさになるというわけね。

30年後の中国ってどうなるんだろう。一人っ子政策のひずみが顕著化するんじゃないかな?よく調べてないけど。それに、共産党独裁もよいよ崩壊するだろう(というか、してほしい)

まあようするに、中国は過大評価も過小評価もしちゃダメってこと。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。