自説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

クールビズが浸透してきた

きょう、新しく取引を始める会社の営業マンが契約のため来社した。服装はクールビズで、ノーネクタイ、ジャケットなし、半袖のボタンダウンシャツ。

今まで私は、内勤の人間はクールビズで軽装だったが、客先をまわる外回りの営業マンはスーツを着ている印象を持っていた。そして、外回りの営業マンこそクールビスを実践するべきだと思っていたが、そのようになってきているようだ。

夏だからといってどこへでもクールビズの格好で乗り込むのは、TPOをわきまえない人。訪問先の様子によって、スーツで行ったり、軽装で行ったり、服装を変更しよう。
との主張もあるが、訪問先に合わせてジャケットやネクタイを着脱するなんて面倒なことするくらいなら、営業マンは初めから軽装などしないだろう。「クールビズで訪問しても、慶弔や式典のときなどを除けば、何ら失礼ない」との社会通念がより浸透することを期待したい。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。