自説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

インテル 巨額制裁金への疑問

インテルへのすさまじい制裁金、欧州委員会はやりすぎではないか。
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/media/djCUR6548.html

カルテルや談合などの、業者どうしで結託して消費者から利益をむさぼる、いわゆる「不当な取引制限」は許しがたい企業犯罪だ。そのまんま東が宮城県知事選の時に、談合を必要悪と容認する発言をしたが、甚だしく不適切な失言と言わざるを得なかった。

しかし、赤字覚悟で廉売し、競合他社がチキンレースから脱落するのを待つ体力勝負の「不当廉売」、など、いわゆる「不公正な取引方法」は経営戦略と紙一重。まず排除命令を出し、それに従わない場合初めて制裁金を課すのがまともなやり方だと思うのだけど・・・・。

インテルの場合だって、そういった方法でAMDの製品を締め出さないように命令して、それでも従わない場合、制裁金を科すのが正しいやり方だろう。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。