自説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

難読なDQNネームの流行が見直されるときは、必ずくる

今日、わが子を始めて保育園に連れて行った。

しかし、予想はしていたが、いるわいるわ、DQNネーム(ドキュンネーム)の子どもたち。
ここで、DQNネームとはなにか、知らない人のために説明を加えておく。
DQNネームとはDQN(低レベル)な親がつけたDQNな名前のことだ。豚切り(ぶったぎり)を多用するなどの特徴がある。(たとえば、愛を「あ」、心を「ここ」と勝手に本来の読みの一部を切り落として心愛(ここあ)ちゃんとか)。
DQNネームは、DQNな親が、好きな読みの名前を思い浮かべ、その読みに好きな漢字を強引に当てはめることによって作られる。そのため、読み方にどうしても無理が出て、読み仮名を振っておかないとまず正しく読んでもらえない、辞書登録しておかないとカナ漢字変換システムで変換できない、といった著しく社会的機能の劣る名前となってしまう。

ニュースなどで最近の子どもたちの名前を見ても、「これでそう読むの?」って首をかしげる名前ばかり。豚切りなんて当たり前。外人の名前とか、わが子が行く保育園でも普通に見られる。

個人的には残念だが、「DQNネームの名付けは流行っている」というのは、紛れもない真実のようだ。そのため、同じクラスのお友達の名前を見ても、難読で不自然な読み方をする名前ばかり。しかもやたら難しい漢字、たとえば「瑠璃」とかを使う名前が人気のようだ。しかし、最近は見かけなくなったが、子がつく女の子の名前、たとえば幸子とか、恵子とか、私はすばらしい名前だと思う。今の流行が見直され、一昔前のだれでも読める普通の名前の価値が見直される日が必ずくると信じている。

この持論を書いているときに、ふとゴダイゴの歌を歌を思い出した。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。