自説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

一人っ子政策についての疑問

中国の一人っ子政策、裕福層で違反者が続出しているらしい。

この一人っ子政策は、他にもいくつかの問題が指摘されている。その1つに、農村部では男子を望むため、妊娠中に女児だということがわかると、中絶してしまい、男女比のバランスが大幅に崩れていることがあげられる。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%80%E4%BA%BA%E3%81%A3%E5%AD%90%E6%94%BF%E7%AD%96

しかし私はなぜ男女比のバランスが崩れることが問題なのかわからない。そもそもこの政策は毛沢東時代の「産めよ増やせよ」の政策で爆発的に人口が増えたため、それを抑制するために行っているはずだ。だとしたら、男女比のバランスが崩れることはむしろ歓迎すべきことではないか。たとえば農村で男子がほしいため、皆が女児を中絶し男児ばかりを産んだとする。その結果、男児100人に対して、女児10人産まれたとすると、彼らが成人したときは男性90人は結婚できずあぶれることになり、10組のカップルしか子供を産めなくなる。こうやって農村の男子の労働力を確保しながら、かつ人口も抑制すれば一石二鳥ではないか。需給のバランスが崩れ、女性の希少価値が上がれば男尊女卑の感覚も改められるだろう。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。