自説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

英語 公用語化はショック療法

英語を公用語に採用する会社が増えてきている。日産、ユニクロ、楽天、その他証券会社。

その一方で、この動きを批判する知識人たちもたくさんいる。
「英語を公用語にするなんて、植民地の発想だ」
「日本で全員日本人の会議で英語で議論など馬鹿げている」
「仕事より英語ができる人間が昇進してしまう」
「メルケル首相など、ネイティブ並みに英語ができる人でも国際舞台で自国語で演説するのに、なぜ日本の閣僚は流暢とは言い難い英語で演説するのか」

などなど、さまざまな批判意見があり、どれも、至極ごもっともだ。

しかしながら、私はこの英語公用語化の潮流は、英語を苦手とする日本人に対するショック療法だと思っている。
日本人の多くは英語を苦手としており、これが、グローバリズムの時代の中で日本が後れをとってきた最大の原因と考える。なんせ、我々日本人は“極東”の島国に住んでおり、英語は“極西”の島国の人たちが話していた言葉。地理的に英語と日本語は最も離れており、しかも日本が島国で他民族と交流がないため、外国語を使う必要性も乏しい。
この苦手意識を克服するためには暫定的に、手荒な、あるいは不自然な処置もやむをえまいだろう。社内で英語を公用語化し、強制的に英語を使わざるを得ない環境を作ってやれば、みんながんばって英語を勉強する。そして、社内のみんなが、曲がりなりにも英語を使えるようになったら、この処置を解除し、公用語を日本に戻せばいい。日本の50%以上のホワイトカラーが英語で会議ができるレベルまでになれば、日本の国際競争力も一段と上がるはずだ。

年をとった管理職に英語の習得を強制させるのは酷だという意見があるが、これには同意できない。人間はいくつになっても新しい能力を習得できるものと私は信じている。私自身、恥ずかしながら英語がとても苦手で、現在勉強中だが、少なくとも高校の頃よりは速いスピードで英単語を覚えていっていると思う。楽天は、2年で英語を習得できない役員はクビだと言っているが、2年の猶予期間があるなら、本気で頑張ればそれなりに英語はできるようになるだろう。

私は英語ができないため、ずいぶん損をしてきた。英語のマニュアルをまともに読めなかったし、読みたいテキストは英語で書かれていてあきらめたし、タンゴをやっていても、外人との交流の妨げになっていた。
インターネットの普及やスマートフォンの登場で、私が高校生のころとは比べ物にならないくらい、簡単に安価に英語を学習する環境が整ってきている。英語をがんばろう。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。